オーベルジュ土佐山近くの遊歩道

今日の高知はどピーカンであたたかい一日でした058.gif


風邪も治ったみたいで、気分がよかったので
オーベルジュ土佐山の近くにある遊歩道に行ってみたわけです。

場所はここらへん


f0067354_19274132.jpg




遊歩道はオーベルジュ土佐山の斜め向かい側にあるのですが、
道自体は基本的に舗装されていました。


f0067354_19374081.jpg



上の方を見ると、崩れそうなところもあったり、

f0067354_19393968.jpg





下を見ると清流が流れていたり、

f0067354_19401734.jpg



少し歩いていくとユズ畑もありましたね018.gif


f0067354_19383736.jpg



ユズ畑は遊歩道を少し下ったところに
良く手入れされた感じであり、山里感満点です003.gif

ユズは種から育てると13年とも18年とも言われる長期間、実がなりませんが
接木などで育てると2、3年で実がなるそうです。

今はユズの価格が安い時代の5倍とかになっており、
育てる人が増えていると聞きます。


f0067354_19453976.jpg




この遊歩道沿いの一つの特徴は、水が豊富なことでした。

側溝なんかも清流が溢れんばかりに流れており、

f0067354_19503464.jpg





その豊富な水を使って、なんかを育てていました。

何を育てているのかはわかりませんでしたけどね008.gif

f0067354_19522174.jpg




道沿いは基本的に杉林になっており、森林浴には良さそうでした003.gif


でも、花粉症の人には春になると地獄なんだろうな~

この杉林をブナ・クヌギ・コブシ・栗・桜・梅などなどの樹木に変えることができたとき、
土佐山が全国的にその名を轟かせるときでしょうね~

f0067354_19543811.jpg

[PR]
by the_naked_lunch | 2007-12-29 20:00 | 高知市のこと | Comments(0)