高知ファイティングドッグスがあぶないらしい

四国には『四国アイランドリーグ』という
日本における野球の独立リーグの草分けがあります。

四国各県に1チームずつあって、
各チームに運営会社があるのですが、
高知だけないのです^_^;






正確にいうと、高知ファイティングドッグスというチームはあるけど
運営会社がないため、リーグ運営会社(親会社ね)が
直接、運営しているらしい。


で、どうもリーグの足を引っ張っているらしく
先だって、最後通告がなされました。

ようするに、
高知チーム単独のスポンサーが付かないと解体しますよ~
というものらしい。


高知唯一のプロスポーツチームなので県民は存続を望んでいる、
というわけでもないところが、高知らしさなのかな(>_<)



というのも、高知ファイティングドッグスは
赤字が7千万円あるらしいんですが、
運営会社は下手したら7千万円を負担する羽目になるわけです。


もちろん、運営が成功したら黒字になって利益も出るのですが、
かなり難しい、といわれています。。



テレビでは、
1人当たり1万円寄付したら、1万人で1億円になるじゃないか
という意見が紹介されていましたけど
なんか継続性にかけるな~って印象を受けました。。


高知県民は郷土愛は強いのですが、まとまることが苦手なので、
力を合わせてチームを守ろう!
という感じになりにくいと思っています。


ただ、一人3千円の寄付なら1万人分くらい集まると思うので
寄付者に無料招待券2枚配る
とかすればリーグの観戦者が増えて、
リピーター層やファン層が厚くなるのではないか
とちょっぴり思っています。


観戦者が少ない最大の理由は
高知県だけナイター設備がない
ということにあるのですが、観戦者が増えれば
ナイター設備もできると思うんですよね~



う~む、それでも難しいかな。
[PR]
by the_naked_lunch | 2007-09-27 20:19 | 高知市のこと | Comments(0)