四万十市の隠れ名物 → 焼肉

先週、四万十市に出張してきました。

四万十市は高知市から車で3時間くらいの
ところにある四万十川河口の街です。

人口3万8千人くらいの小都市ですが
京風の町割となっており、土佐の小京都と言われています。

この四万十市、実は焼肉屋さんが多いことで
ひそかに有名なんです。

そんなわけで今回は「ぷるこぎ
という店に行きました。
f0067354_22483257.jpg




ここは四万十市内で働いている友人が薦めてくれたお店ですが
ものすごくおいしかったです(#^.^#)

特に、生もの系統と内臓系統が絶品!

生ものとしては、土佐和牛の刺身生レバー
f0067354_2255056.jpg



f0067354_22551964.jpg


その他ユッケを頼みましたが、全部おいしかったです(^。^)

また、内臓系統では、モツ
f0067354_22564231.jpg


ハートタン
f0067354_2257473.jpg



f0067354_22583837.jpg


を食しましたが、やはりおいしいわけです。
ちなみにカルビはオーストラリア産のものを
頼んだのですが、すごくおいしかったです。
たぶん、処理の仕方が上手なんでしょうね。


ちなみに、四万十市内にはおいしい焼肉屋さんが
ほかにもいっぱいあります。

なぜ、四万十市は焼肉がおいしいのか?
これはあくまでも私見ですが
四万十市には、この規模の町では珍しく屠殺場があります。
で、おいしい肉が手に入りやすいのではないか
と、思うわけです。

なにはともあれ、おいしかった~(^.^)
しかも、友人と二人、おなかいっぱい食べて7千円弱。
お酒飲まなかったからすごく安上がりでした~
[PR]
by the_naked_lunch | 2006-07-16 23:14 | 幡多地域のこと | Comments(0)