トルコライスを食す

長崎の地元食に
トルコライス
なるものがあるわけです。

長崎ではほとんどの洋食屋さんに
このメニューがあるらしいので
もはや郷土食の域に達していますな。

特徴としては、ワンプレート料理で
ピラフとスパゲッティーの上に
トンカツをのせカレーをかける

というのが基本スタイル。
これが店によって微妙に組み合わせや
量が異なるらしい。

今回僕が食べたのは、
自称、九州最古の喫茶店
ツル茶ん
という、名前がなんか腹立たしい店です。
f0067354_0294446.jpg





ここのトルコライスはたぶん王道なんでしょうね。
ザ・トルコライス、といったものが出てきました。
f0067354_0304130.jpg

なんか喫茶店用冷凍食品のごちゃ乗せって感じ(>_<)
これで900円。

味・量ともに以前、長崎の友人に
紹介してもらった店の方がよかったです。

なんでこんな大人のお子様ランチみたいな
高カロリーメニューが存在するのか。

実は理由は明確で、造船の街・長崎で
造船労働者が短時間に栄養を補給できる
ように、という概念らしい。

しかし、なんで「トルコ」なんでしょうね~
豚肉を使っている時点でトルコはないだろ~

名前に何ともいえない迫力はありますけどね(>_<)
[PR]
by the_naked_lunch | 2006-06-14 00:38 | 九州のこと | Comments(0)