県営渡船旅情

土曜日、子どもを連れて県営渡船に行ってきました。

県営渡船は、一般県道弘岡下種崎線のうち、浦戸湾で隔てられた長浜地区の梶ヶ浦と船場から三里地区種崎渡船場までの約600メートルをおよそ5分で結んでいます。人、自転車、125cc以下の自動二輪車が無料でご利用いただけます。なお、平成15年度までは直営で運航してまいりましたが、平成16年度からは、民間委託で運航しています。

f0067354_1953050.jpg






今は、入交海運が受託して運航している為、
とても安全快適です。

ちょっと前までは、現業採用された県職員によって運行されており、
なんというか、場末感満点で、
その雰囲気が好きで、ちょくちょく乗っていました。

f0067354_19561355.jpg


遠くには新高知重工のドックも見え、
浦戸湾の風景が楽しめます。

f0067354_19572974.jpg


また、御畳瀬地区も一望できます。
山と海に挟まれた地域。

西原理恵子の故郷ですな。

f0067354_2023986.jpg


5分くらいで対岸に着きます。

昔、浦戸大橋が有料だったころは自動車も乗れましたが、
今は人と自転車と原チャリしか乗れません。

大分、利用者も減りましたね。

それでも、地元の要望が強いため存続しています。

とても、素晴らしいことだと思います(^^)

f0067354_2025511.jpg


乗船を楽しむのでしたら、
長浜側から乗ってください。

種崎側から乗ると次の便まで大分、暇します。

f0067354_2043432.jpg


浦戸湾の景色を楽しめ、
しかも、乗船料が無料001.gif

県道指定された航路を海風を感じながら楽しむ午後のひととき。

おススメです049.gif

f0067354_208854.jpg

[PR]
by the_naked_lunch | 2015-06-08 20:08 | 高知市のこと | Comments(0)