ウヰスキー道場  《3杯目(>_<)》

ChariChariでウヰスキー道場を
やったわけです。久々に。





1杯目はこれ。
クラガンモア 12年
スペイサイドの代表銘柄らしいです。
f0067354_18411195.jpg

香りはフルーティーですごくよかったですが
味が複雑な感じのフルーティー味って感じで
好みではなかったですね~
ちなみに、オールドパーのキーボトルの一つです。

創業者が鉄道マニアでボトルのラベルに
機関車が描かれている
というエピソードが印象深いウヰスキーでした。

2杯目がこれ。
ヴァルバニー 10年
スペイサイドです。
f0067354_18404885.jpg

右がヴァルバニー
左がグレンフィディック

同じくスペイサイドの代表銘柄
グレンフィディック
の姉妹蔵が作っていて
グレンフィディックの大吟醸
と言われているみたい。

グレンフィディックは高校の時に
人生で初めて買ったスコッチで
個人的には思い出の逸品ですが
もう何年も飲んでなかったので
飲み比べをさせてもらいました。

飲み比べるとよくわかりましたね。
まさしく、グレンフィディックの大吟醸(#^.^#)

グレンフィディックと比べると
シャープな感じの味を残しながらも
深みが増していておいしかったです(^.^)

この日はここで肴を注文しました。
f0067354_18535218.jpg

伊佐木(いせぎ)という高知では
よく食べられる今が旬の魚の刺身に
塩を振ってオリーブオイルをつけて食べる
というものが出てきて、添えられていたケッパーの
酸味と絶妙のコンビで美味でした。

3杯目はそんな魚に合うウヰスキーを
ということで、
ボウモア 15年 マリナー
を飲みました。アイラですな。
f0067354_18541233.jpg

ボウモアは嫌いなウヰスキーなんですが
マスターが
海のものには、ボウモアが良くあいます
といって出してきました。

結論は
超よくあう!

マリナーっていうネーミングからわかるように
ボウモアはとにかく海臭いのです^_^;

うるるん滞在記でも取りあげられていましたが
蔵が海沿い、というか海岸に建っているため
海の香りが強い、と言われています。

しか~し! 魚と一緒に飲んだら
海臭さが完全に消えて
伊佐木の豊かな香りが引き立つ
という酒マジックが展開され
まさにイリュージョンなわけです。。
(なんのこっちゃ)

いや~、発見でしたね~
ボウモアがあんなにおいしいとは…

この日のウヰスキー道場はここでお開き。
最後にクールダウンとして
モヒート
を飲みました。
f0067354_1945779.jpg

本来、飾りであるミントの葉が自家栽培の
で良い品で、それをコップに生けてあるんです。
それを、ぶちぶちとむしってカクテルに使っているのですが
最近、ChariChariでこのミントを使った
カクテルを飲むのがマイブームです(#^.^#)

味はさいこ~!
まさに夏って感じの飲み物でした(^.^)
[PR]
Commented by crisis at 2006-06-04 13:01 x
はじめまして。
Chari・Chariさんを検索しててたどり着きました。
「高知の美味しい情報」満載ですね(^^)

また参考にさせてくださいね。
Commented by the_naked_lunch at 2006-06-21 00:40
はじめまして~
高知のおいしい情報は最近、さぼり気味ですが
ゲリラ的に探して発信したいです。
おもしろい情報がありましたら教えてくださいm(__)m
by the_naked_lunch | 2006-05-28 19:14 | ウヰスキー道場 | Comments(2)