新橋「焼鳥・ほさか」にてリアル酒場放浪記

先週、東京出張の際、大学時代の友人と新橋で一杯やりました。

やきとん→焼肉とハシゴして、
3軒目どうしようとフラフラしていたら
烏森神社の参道にいきあたりました。

この神社、参道に飲み屋がみっちりと立ち並んでいるのですが、
参道を歩いていると、突然、とある店の戸が開き
お客さんが出てきたのですが、
空いた隙間からお店の人が顔を出して「今席が空きましたよ」
というわけです。

覗くとかなり狭い。

どないしよう~

といっていると、今度は窓が空いて別の人が
「寄っていってください!」
と誘う訳です。

そこまで言われたら・・・

と、思い切って入ったお店がこちら。

焼鳥 ほさか


f0067354_73356.jpg





店内は、1階の他、2階があるようで、
1階は、カウンター数席、テーブル1席のみ。

お店の人は、親子らしき2人がカウンター内におり、
お運びさんが2名。

メニューを見ると、完全に焼鳥しかありません。

鳥類の串が7種。

野菜やぎんなん・しいたけ等の串が数種類。

酒類は、女性向けはないですが、酒、焼酎、ビール、酎ハイなど
一通りはありました。

f0067354_6222468.jpg



焼鳥以外では、鶏皮いためや鳥スープの文字が。

この鳥スープを最後に飲むのがルールと見て、
最後に頼もうね、とか言っていると、お店の人が

5本にする?7本にする?

と聞いてきました。

どうも、基本的にコースを頼むようです。

じゃ、5本

と告げ、熱燗を頼んだわけです。

で、最初に出てきたのは合鴨塩焼 140円

f0067354_6234878.jpg


2本セットで1本が小ぶりな焼鳥でした。

食すと、

激ウマ!

焼き方といい、塩加減といい素晴らしい!

こ、ここは、ひょっとして名店では?

と思った友人がスマホで検索すると
吉田類の酒場放浪記にも取り上げられています。

なるほど~

と唸っていると、つくね焼 140円が登場。

f0067354_628384.jpg


これもうまいわ、食べやすいわで感動。

大根おろしが付いていたので、店主に、

大根おろしを付けて食べるんですか?

と聞くと、そうではなく、単なる箸休めであるとのこと。

そうこうするうちに、すなぎも焼 140円が出来上がり。

f0067354_6312772.jpg


もう、酒が進んで進んで・・・

この時点で熱燗を2合飲んでます。

次に出てきたのが、もつ焼 140円

f0067354_6332396.jpg


ここらへんで焼酎湯割りに変更。

なお、モツはレバーでした。

そして、最後は、皮塩焼 140円

f0067354_6352297.jpg


これも絶品!

皮が大好物なので、とりかわ焼きも追加しようか迷いましたが、
時間も遅かったので、ここらで終了~

最後、鳥スープ 300円を飲んで〆ることに。

f0067354_6382355.jpg


案の定、大ビンゴ!

鶏出汁のきいたあっさりスープにいろいろな具が入って、
柚子の香りをほんのりあしらっています。

素晴らしい!

小用に立つと、お店の外にトイレがあって
神社に礼をして用を足すようにとの張り紙あり。

大将の話では、烏森神社が大家さんで家賃も神社に支払っているとのこと。

こんな街中で神社を感じることができるのも東京の魅了だと思います001.gif

美味しい焼鳥と場末の名店の雰囲気の中、
菊正宗の熱燗が染み渡った春の一夜でした。

f0067354_6575866.jpg



[PR]
Commented by atsushisaito at 2014-05-13 15:37 x
突然すみません。 このコメント欄でこんなことを聞くのは失礼かとは思うのですが、教えていただければ嬉しいです。
来週、高知に二泊するのですが、是非とも地元の人がお勧めするお店に行きたいと思っております。the_naked_lunchさまのblogがとてもお詳しく参考になるのですが、短い滞在ですのでどこに行こうか決めかねております。
 お手すきの時間にでもアドバイスいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。
Commented by the_naked_lunch at 2014-05-14 01:20
はじめまして! atsushisaitoさん!
高知に来られると聞くと嬉しくなります(*^_^*)

高知はどのお店に入っても個性が強くて
楽しめるので、のれんが気になったお店に
ふらりと入るのも一興ですよ!

独断と偏見で好きなお店は、英屋さん(http://www.hotpepper.jp/strJ000029701/)です。
酒&肴ともに高知の美味しいものが常にいっぱいあります。

県外のお客さんに喜んでもらえる鉄板のお店は、黒尊さん(http://loco.yahoo.co.jp/place/6ba2eec9e6610b3270f5e637e509fecb7525fd44/)やどんこさん(http://www.zukan.co.jp/2009data/izakaya/donko/index.html)ですね。

日本酒に興味がありましたら、土佐酒バル(http://loco.yahoo.co.jp/place/9e54d946e835e6fcf554ce1137903ad5d39a1038/)も飲み始めかトランジットにおススメです。

また、ひろめ市場(http://www.hirome.co.jp/)という昼間から土佐人が酒を酌み交わしている、酔狂な屋台村も楽しんでほしいのものです。

高知は、今、鰹は不漁が続いて少し高値となっていますが、流れ子や浜アザミ、イタドリなんかが美味しい季節です。
また、屋台も楽しめる季節なのでぜひ、行ってみてください。
Commented by atsushisaito at 2014-05-15 10:39
ありがとうございます!
英屋さん、楽しみです。
そのほかにもいろいろ教えていただき、本当にうれしいです。

鰹が不漁なのですか、、、、鰹目当てなだけに少し残念ではありますが、他のものも楽しみます!

あとは、一人でふらふらするので太田和彦さんが訪れたお店などにも興味あります。 屋台もいいですねー!
Commented by the_naked_lunch at 2014-05-16 05:27
昨日、中土佐町という漁村に行ったのですが、
不漁と言いながらも結構、鰹が水揚げされていました。
日曜日にはかつお祭りも開催されるようですし、
問題なく美味しい鰹に出会えると思いますよ。
良い旅を!
by the_naked_lunch | 2014-04-29 06:59 | 関東のこと | Comments(4)