大豊町にある樹齢3000年の大杉に圧倒される

先日、大豊町にある樹齢3000年の杉の木を見に行きました。

3000年というはすごいですね。

初めて行ったのですが、道の駅・大杉の横の道を
山へ少しだけ登ったらありました。
道もそんなに狭くないので、車でも余裕を持って行けます。

f0067354_6201194.jpg







説明によると、

この「杉の大杉」は、それぞれ南大杉、北大杉と呼ばれる二株の大杉からなっており、二株が根元で合着していることから、別名、夫婦杉とも呼ばれています。
 南大杉は根元の周囲が約20メートル、樹高が約60メートルで、北大杉は根元の周囲が約16.5メートル、樹高が約57メートルあり、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されました。


とのこと。

駐車場の係りの方がパワースポットとして有名です、
と言っていたのですが、近くに行くと確かにパワーが感じられました003.gif

実際、ひっきりなしに人が来ていたので、
人気があるのでしょうね~(^^)


f0067354_623589.jpg

[PR]
by the_naked_lunch | 2013-07-30 06:24 | 嶺北地域のこと | Comments(0)