二八屋のお蕎麦

高知市の飲み屋街に
二八屋
というお蕎麦屋さんがあります。

そこで、〆の蕎麦を食べたわけです。



f0067354_18153338.jpg

ざる蕎麦が750円でした。
まあ、ふつうの価格ですね。

味は、僕の好きな味でした。
風味が程よく、食べやすい。

かえしがやっぱり甘くて、高知っぽかったけど
特に、不満はありませんでしたね。
本物の手打ちですし。

この二八屋
以前から興味があったのですが
なかなか入る機会がありませんでした。
いつもは別の蕎麦屋で〆てるからね(>_<)

ところが知り合いの板前さんから、ここの大将が
昔、西日本でトップだった料理人
という話を聞いて、ふらっと行ってみたわけです。

確かに、昔気質の職人さん、というオーラを
全身から出しており、すごくとっつきにくい感じでした^_^;

でも、頑張って話しかけているうちに
どうもいい人らしい感じが伝わってきましたね。

何より驚いたのが、蕎麦の修行を一切していないことです。
完全に我流

蕎麦の世界ではちょっと考えられないことですが、
21歳の時には、大阪の料亭で数十人を束ねる板長になった
らしいので、天才的な味覚とセンスの持ち主なんでしょうね。

かえしが甘く感じたのも我流だからでしょう。
高知の味付けは基本的に甘いですから、
高知県人の味覚に合わせただけかも知れませんな。

ちなみに、メニューは、お蕎麦よりも
一品料理の方が充実してます。
しかも、かなり格調高いメニュー内容でした^_^;

ちょっとつまんで、一杯引っ掛けて
最後に蕎麦を食べて4~5千円てとこかな?

これで大将の愛想がよければ通いたいんだけどな~

ただ、個人的には
〆にお蕎麦を食べる
という文化を本気で高知に普及させたい
と、日々、願っている人なので、こうした業界の
ボスキャラがお蕎麦に力を入れているのを知って
かなり有頂天になっています(#^.^#)

この人座長にして本気で普及委員会作ったろうかな~
でも、もう役には就かないだろうな~

ともあれ、いいお店でした(^.^)
[PR]
by the_naked_lunch | 2006-04-24 22:13 | 高知市の飲み屋さん | Comments(0)