医食同源の店☆関羽…それはディープ高知

高知市の飲み屋街のど真ん中に
おびや町小路
というはっきり言ってオヤジしか寄り付かないような
裏路地があります。

そのおびや町小路で長年、高知の呑兵衛達に愛されてやまない
名店が「医食同源の店・関羽」です。

先日、その関羽に久しぶりに行きました。

f0067354_13201326.jpg






関羽は、言わずと知れた三国志のあの英雄です。

基本的にはモツ系というか、ゲテモノ屋なんですが、

信じられないくらい美味しいです。

f0067354_13251256.jpg



また、かなり異色なお店で、
例えば、大将一人でお店を切り盛りいるのですが、
上の写真のとおり、どこか関羽風というか、ルンペン風です(笑)


そして、炭火焼なんですが、
炭の上に直に素材を置いて焼き上げます。

なんで遠火で焼き上げないのかを聞いたら
「そんな器用なことはできない。それに炭も漢方では立派な薬だから食べた方がいいんだよ。」
という答えが返ってきました。


f0067354_13313284.jpg


その他、注文の方法が変わっていて、
まずビールは瓶ビールしかないのですが、
自分で冷蔵庫から出して栓を抜かなくてはなりません。

そして、食べ物は直接注文しても絶対に聞いてくれません。
備え付けのメモ用紙に書いて大将に渡します。
(注文を覚えられないらしいです。)

そんな関羽で特におススメは、煮込みです001.gif

f0067354_1335155.jpg


甘口なのが特徴で、3種類の豚の内臓が使われているそうです。

僕の中では、この煮込みが最高峰で、基準となっています(^.^)
10段階評価で関羽を10とするとこの煮込みは○点だな
といった感じ(>_<)

その他、茹でタンもおススメです。

f0067354_13375137.jpg


煮込みとこの茹でタンは注文する人が多いようです。

これらをつまみながら串物が焼きあがるのを待つ、
という感じですな。

レバ刺しが食べられた時代は、これにレバ刺しを頼んでいました。
(人気商品なので滅多にありつけませんでしたけど…)


f0067354_13403514.jpg


ちなみに、上の写真の串物は、
ハツ串・ニセ上ミノ串・白モツ串
ですが、どれがどれかは忘れました(^_^;)
ていうか、ニセ上ミノってどの部位なんだ?


こんな感じの個性的なお店ですが、
18時前にはテーブル席が完全に埋まり、
カウンターも埋まっちゃうことも多い超絶人気店です。

大将も、見た目かなり怖くてとっつきにくいですが、
話しかけるとすごく腰の低い優しい方ですよ~(^^)



[PR]
by the_naked_lunch | 2012-12-29 14:06 | 高知市の飲み屋さん | Comments(0)