ベリーオールド・セントニックは素晴らしい!

大学時代の友人とセルフィッシュで飲んだ時、
久しぶりに素晴らしいバーボンに出会いました。

その名は、ベリーオールド・セントニック


f0067354_6314611.jpg




このバーボンがものすごく美味しい!

バーボンの特徴をよく残しながらも
大変飲みやすく仕上がっています。

ラベルの爺さんの雰囲気もまた良しです。


家に帰ってネットで見てみると

ケンタッキー州バーズタウンの蒸留所、ヘヴン・ヒルで蒸留されたバーボン原酒を買い受け、独自に長期熟成させたデラックス・バーボン。日本には、1990年からお目見えした。その昔、セント・ニックと呼ばれたバーボンづくりの老人がいた。毎年、クリスマス・シーズンが近づくと、特別に熟成させたバーボン秘酒を、少量瓶詰めして売り出していたという。その故事にちなんでのネーミング。現在は、ヘヴン・ヒル原酒の熟成していく状態を、わずか3人で見守り、瓶詰め作業も3人の手で、年に2回行うのみ。当然、発売量はごく限られている。いずれもバーボンらしい芳香となめらかな味わいをもつ。しかも、野性味を感じさせるコクも、アクセントとしてきいている。8年、15年、17年それぞれに樽出し強度の品も入荷。ほかに、12年、18年、19年、20年も入荷している。

とのこと。

ボトラーズ・ウヰスキーだったのか~

ウヰスキー文化は奥が深いですな~003.gif
[PR]
by the_naked_lunch | 2012-11-05 06:42 | ウヰスキー道場 | Comments(0)