丸谷才一先生のご冥福をお祈りいたします

作家の丸谷才一先生が亡くなられたそうです。

というニュースをネットで見て、高校生の頃に読んだ
男のポケット
というエッセイをしみじみと思い出しました。

ちなみに丸谷先生は、僕にとって小説家というよりも
エッセイスト、という印象の方が強い作家です。





そんな丸谷先生のエッセイ「男のポケット」の扉に
~タバコ、半年前の映画の半券、喫茶店やバーのマッチ~
といった文言があるのですが、
当時、僕の学生服には同じものが入っており、
強く心を惹かれた記憶がいまでも鮮烈にあるわけです。


それにくらべ、今の僕のポケットには、
ハンカチ、鍵、財布、ガラケー、4色ボールペン、名刺入れ・・・以上
という、面白味も文学性も何もないモノしか入っていません002.gif


なんとも、お粗末で情けない限りですが、丸谷先生は、
しかし、男のポケットにはまだほかに、冗談や雑学や世間話もはいってゐる
とも、展開されており、これについてはもっと極めていきたい、
と50度のシングルモルト原酒を飲みながら秋の夜長に力強く思っています。。


ちなみに、このエッセイの影響で今に至るまで
僕は鞄に物を入れずにポケットに全てを入れようとします。
そのせいで、いつもポケットはだらしなく膨らんでいます。

親や嫁さんには、みっともないから鞄に入れなさい、
と何度となく言われていますが、
今のところ、あらためようという考えはありません(>_<)


そんな、男にとって大切なことを教えてくださった丸谷才一先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by the_naked_lunch | 2012-10-13 23:15 | 俺流 | Comments(0)

カットアップ的なブログ生活