土佐山田のうどん屋さん

文佳人の宇宙酒を買いに土佐山田に行った帰り、
土佐山田駅の北側、あけぼの街道沿いにある
さかえ
という、うどん屋さんでお昼ごはんを食べました。
f0067354_8425392.jpg





店内はすごく混雑していたので
人気のある店であるらしい。

写真の奥でうどんを打っているのが主人。
文佳人の社長の話だと
超そっくりの双子
らしく、運がいいと二人が一緒にいるところを
見ることができるらしいけど、この日は一人でしたね(>_<)

ぶっかけうどん(冷)の「中」
ちくわのてんぷら

を注文。

卵と牛スジのおでんをつまんで待つことに。

おいしかったけど、味噌がちょっとね~
もうちょっとこだわって欲しかった^_^;
おでんは味噌が命だと思っている派なので…

おでんを食べ終わった頃にうどんが到着!
f0067354_8553128.jpg

お、多い^_^;
文佳人の社長から
量が多いので、初めての方は「大」を注文しない方が無難
というアドバイスを受けていたので「中」にしましたが、
たぶん、ふつうサイズでも十分だったかも(>_<)

でも、麺がつやつやしていて、
おいしそ~(^。^)

手打ちだからでしょうね~
麺の存在感がすごくあります。
ちくわもおいしそ~

で、食してみました。
久々にまっとうな讃岐うどんを食べたな
っていうのが率直な感想です。

手打ちなのでおいしいのは
もちろん!
なんですが、讃岐うどんらしい
食感というか歯ごたえをちゃんと出すのが
けっこう難しいんです。

さかえのうどんはすごく弾力性があり、
讃岐うどんの特徴がちゃんと出ていました。
量が多かったので、食べ終えた頃には
若干、あごが痛くなるくらい(>_<)

お値段は可もなく不可もなくっていうところでした。
「おでん」とか「ちくわ」はふつうの価格なんですが
ぶっかけ(中)で430円だから
香川じゃ商売できないでしょうね~

でも、おいしいことは間違いないし
「ちくわのてんぷら」が作り置きじゃなくて
揚げたてだったのもポイント高かったですね。

なんか土佐山田に行くたびに
寄ってみたくなる感じの店でした~
[PR]
by the_naked_lunch | 2006-04-16 09:21 | 高幡地域のこと | Comments(0)