わらじ屋のうどんで〆る=幸せ

昨夜は、2次会が終わった後、みんなでわらじ屋(和楽路屋)さんで〆のうどんを食べました。

わらじ屋さんは、高知大丸前のアーケード内で、夜だけ営業している屋台のうどん屋さんで、
美味しいうえに、深夜3時くらいまでやっているため、
高知の呑兵衛で食べたことがない人はいないでしょう、という有名店です。


f0067354_1215112.jpg




お店は大将一人で切り盛りしています。

僕が、社会人になった時には既にレジェンドなお店だったので、歴史は古いようです。

f0067354_12102491.jpg


実は、もう一つ有名なのは、大将がロボット作りの名人であることなんですね。

お店にも、自動コップ洗い機などロボ満載。


そして、毎回注文するのが、これ。

天ぷらうどん(600円)※大盛りも同じ値段です。

f0067354_12142791.jpg


天ぷらが絶品!

そして、なんといっても汁が最高なんです。

濃いめなのがポイントで、ベロンベロンに酔っぱらっていても美味しく感じられます。

そういえば、試しにシラフの状態で22時頃、食べてみたことがあるのですが、かなり濃く感じました。

しかし、酔っていれば酔っているほど美味しく感じることができるため、
呑兵衛にとっては最強うどんなわけです。


で、意外とあなどれないのが、テイクアウトできるおむすび(300円)

家に帰った時にお茶を飲みながらおにぎりを食べるのもまた良しなわけです(^.^)

f0067354_12262149.jpg



[PR]
by the_naked_lunch | 2012-01-15 12:09 | 高知市の飲み屋さん | Comments(0)