遷都を提案します

とうとう東電も福島第1原子力発電所の廃炉を視野に入れ始めたようですな~

福島第1だけで原発が6基。

建設費用が、1基3千億円として1兆8千億円。

周辺施設、漁業権補償、使用済み核燃料の保管・廃棄費用、
取得・維持に要した自治体へのお駄賃等々を入れると
一体、幾らかかっているのか素人の僕には見当もつきませんが、
東電はもちろん、国としても、廃炉は嫌でしょうね~

で、仮にですけど、廃炉となった場合ですが…



原発の新設はしばらく無理だと思うんです。


けど、原発6基分の電力を短期間で確保することは不可能でしょう?


となる、関東圏の電力が基本的に不安定になると思うのです。



で、この際、行政機能と立法機能と司法機能を他所に移すべきだと思うのです。


他所とはどこか?


これはね~ズバリ仙台!


もともと僕は地域バランスや安全保障の観点、国際感覚の観点などから
九州・福岡市に遷都すべきである、という持論を持っているのですが、
今、福岡に遷都すると混乱の東日本を捨てた、
としか取られないため、説明が出来ないと思うんですよね~

本当は、福岡に遷都したほうが、国家百年の計なのですが、
復興を優先させるとしたら、仙台に遷都するしかない、と確信しております。


復興国債も10兆円と言われていますが、たぶん足りないと思います。

遷都費用込みの国債発行で、30兆円くらいの復興国債を発行して、
単に東北地方の復興をするのではなく、
向こう百年の国のあり方を再定義してみたらどうでしょうか。



しかし、国にはその前に、今すぐ自衛隊のヘリ部隊&ヘリ空母ひゅうが&空挺部隊にお願いして、
明日の朝一から、避難所に必要な物資と医師、人員を徹底供給して欲しいです。

来週には物流が回復する見込みらしいので、
兎に角、今から数日間、日本の総力で被災者の不安を一掃するのが
国の役割のはずです。
[PR]
by the_naked_lunch | 2011-03-19 00:05 | 俺流 | Comments(0)