幡多地方の経済

今日は久しぶりに四万十市まで出張してきました。

そこで話した若手経営者の話では、
幡多の景気状況は想像以上に厳しいらしいです。

確かに、全体的に活気はありませんでしたね。
観光客の姿すら見当たらない状況でした。

四万十川を中心とした幡多地方の観光面でのポテンシャルは
沖縄に匹敵しているのですが、
観光的にはほぼ未開発なのが実情なんですよね~

かといって、沖縄と違って航空会社がキャンペーンを張るメリットもないですしね…

なんとなくですが、10年後はとんでもない状態になっている感じがします。

公共事業削減がどん底まで来たため、自力再生は難しいかもしれませんが、
何にもしなくても、お遍路さん数十万人を含め、
年間90万人ほど観光客が来る幡多地域で腕試しをしてみたい
という、東京の儲かっちゃって多角化を考えている企業が現れたら面白いんですけどね~

といっても、いきなり他力本願では節操がないのかな。
[PR]
by the_naked_lunch | 2011-01-18 23:15 | 幡多地域のこと | Comments(0)

カットアップ的なブログ生活