高知にはイノベーションが必要なのでは?

就職した11年前と今を比べると高知に勢いを感じにくくなっています。

データ上では、平成10年が高知県の公共事業のピークで、
平成14年以降、急激に公共事業が減少しています。

今となっては、県内に出回っているお金はかなり少なくなっているのではないでしょうか?

おまけに消費ボリュームの大きい団塊の世代の退職と
団塊ジュニア世代の家庭入りで消費行動自体も超縮小しているように感じます。

10年前は15連チャンで飲み会があることも珍しくなかったのですが、
今では3回続くことがないくらいです。

そんなわけで、ここ数年、高知で暮らしていて
なんとなく行き詰まりな感覚になっています。

もはや「何とかしよう」とか「がんばろう」ではどうにもならない状態で、
高知では全てにおいてイノベーションが必要となっているんじゃないか、
と漠然と考えています。
[PR]
Commented by italo at 2010-07-31 00:42 x
今日室戸の従兄弟と長電話、室戸のモチベーションがまるでないそうです。彼は東京で10年働き室戸に戻ったのですが、全体的な諦めムードが蔓延しているそうです。彼も何とかしたいと市の観光課にも提案したモノの担当役人も諦めムード...。誰かが何とかしてくれるよろ...なようです。彼が一人で頑張ってもビジョンを持った協力者が出ないことには意味がない。何とか盛り上げて、次世代のために街を繋いでいこうと言う気力が無い、現実を受け入れたくないようです。僕は東京なのですが、何とか室戸のために力になりたいとので従兄弟とマメに連絡を取っているだけですが、目先、直近で行き詰まっている街に即効性のある事が何も出来ていない自分も歯がゆいです。
Commented by the_naked_lunch at 2010-08-01 21:31
室戸のモチベーションは10年前から低いように感じますね~
高知市以外の高知全体がそんな感じのような感じがしますが、室戸は特にモチベーションが低いですな。。
この手の過疎地域では行政が主体とならないとダメなのですが、肝心の行政が無策の為、昔からそんな感じです。ちなみに、今はどうかわかりませんが8年くらい前、市役所に商工担当者の名前を聞いたら、「そのポジション自体がない」と言われました(笑)
行政は縦社会なので、役人というより、経営感覚のない市長を選出している地域性の方が深刻だと思います。
でも、僕もそうですが、italoさんのように外部の人間には魅力がある土地ですし、室戸の人もかなり地元愛が強いので、いい循環が出来たら良くなると思っています。
ただ、即効性のあることは難しいと思いますよ。そもそも室戸の人に仲間と認められるのに何年もかかりますので^_^;
だからこそ、イノベーションが必要なのではと思っています。考え方、アプローチ方法、アプローチ先、今まで通りではないやり方を考え中です(>_<)
by the_naked_lunch | 2010-07-21 23:07 | 高知市のこと | Comments(2)