やはりね

ニュースで

米高速道路交通安全局(NHTSA)は26日、トヨタ車の急加速問題を検証するため、23日の下院公聴会で取り上げられた「レクサスES350」を買い取ったと発表した。 このレクサスは、公聴会で証言したロンダ・スミスさん(テネシー州)が使っていた。スミスさんは、2006年にアクセルを踏まないのに時速160キロ・メートルまで加速したと、恐怖の体験を涙ながらに証言している。スミスさんは、この車を走行距離が3000マイル(約4800キロ)の時点で売却した。現在の走行距離は約3万マイル(約4万8000キロ)に達しているが、米メディアによると売却後、この車は何のトラブルも起こしていないという。

とありました。

フロアマットの不具合程度ならそりゃ~あるだろうけど、
電子制御なんかに重大な課題があるわけねーだろ
と思っていたんですよね。

たぶん証言者が病的な嘘つきであるケースの典型例なんでしょうが、
アメリカの下院公聴会がこんな三文芝居を演じると不安になりますな(ーー;)
[PR]
by the_naked_lunch | 2010-02-27 23:14 | 俺流 | Comments(0)