須崎の絶対食堂☆お食事・八千代

宿毛出張の帰りの土曜日に須崎市の名店で昼食をとりました。

その名も八千代


f0067354_19205016.jpg






歴史を感じさせる外観に圧倒されます。

大分築年数がいっていると思われ、店内も古いです。

f0067354_19553487.jpg



そのためか、須崎市民には昔から馴染みのあるお店らしい。

出てくるお茶がハブ茶なのもあなどれん(>_<)

f0067354_2031282.jpg


昔、須崎市の商店街でイベントに関係した時、昼食が必ずここで、
以来、好きになってタイミングが合うと食べに行っています。


昨日食べたのはタタキ定食(1300円)

f0067354_19312335.jpg


店主が活きがよいと判断した時は刺身がありますが、
基本的には刺身定食が提供されることは少ないようです。
(僕は5回に1回くらいしか刺身に行き当たったことがありません)

とはいえ、この鰹のタタキ激うま!


須崎市は元々漁師町で魚の美味さでは高知県内でも有数なんですが、
その須崎の人がうまい!っていうお店だからその美味しさは絶対的です。

f0067354_1948374.jpg



僕はこのタタキ定食とかしわの卵とじ定食を注文することがほとんどです。


で、これがかしわの卵とじ定食(900円)

f0067354_1952211.jpg


かしわとコンニャクを玉子でとじているだけですが、
ご飯とよくあい、思わずはまる味です。

f0067354_19543145.jpg



この八千代、メニューは上記の他、
うなぎ定食と厚焼きたまご定食の計4品しかありません^_^;


ちなみに、全てのメニューが美味しいですが、
個人的に八千代の強さはご飯にあると踏んでいます。


というのも、ご飯がかまど炊きなんです(^.^)

f0067354_202123.jpg


そのため、定食で提供されるご飯が本当に美味しいです003.gif

f0067354_2041890.jpg



メニュー全体の味付けは漁師町・須崎市らしく濃いのですが、
このご飯がその濃さを完璧に受け止め、昇華し、
絶対的な定食に仕上げているように感じます001.gif


築100年は経とうかという古民家でかまど炊きのご飯で絶品の鰹のタタキを食す。

八千代ではそんな素晴らしいひとときを過ごすことができます(*^_^*)

f0067354_20372283.jpg




[PR]
Commented by タカシ。 at 2010-02-16 01:09 x
なんか、記事を読んで笑ってしまいましたが、あの濃い味の味噌汁を頂きたくなりました。
私も「かしわ」は外せません、最近は橋本食堂と梅原晴雲堂ばかりの立ち寄りでした。
Commented by the_naked_lunch at 2010-02-16 21:31
あの味噌汁、今時ない濃さですよね~^_^;
橋本食堂はもう何年も行っていません。鍋焼きラーメンも美味しいのですが、ついつい八千代を選んでしまいます。。
梅原晴雲堂は初めて店名を聞きました。プリンとほがらかロールがお土産にちょうど良さそうなので、今度立ち寄ってみます(^^ゞ
Commented by タカシ。 at 2010-02-17 00:40 x
FUJIの東側の道から歩いてみて下さい、ノスタルジーな商店街に赤い郵便ポストが絵に成る通りが残されています>梅原晴雲堂
Commented by the_naked_lunch at 2010-02-17 20:05
なるほど、須崎の旧市街地ですか。
情報ありがとうございます(^.^)
by the_naked_lunch | 2010-02-14 20:51 | 高幡地域のこと | Comments(4)